カプセルのスプーンと葉
  • ホーム
  • 女性用バイアグラのフォルカンとは

女性用バイアグラのフォルカンとは

黄色のカプセルと果物

バイアグラは、勃起不全を治療することで世界的に有名な薬ですが、男性専用のもので、女性が服用しても効果がありせんが、近年ではバイアグラの成分が含まれている女性用のバイアグラである「ラブグラ」が個人輸入サイトで販売されています。
このラブグラはバイアグラのジェネリックとして不感症や性的興奮障害の改善として用いられています。
また、ダイフルカンも女性用のバイアグラとして人気があり、ダイフルカンの日本での名称はジフルカンです。
つまり、ダイフルカンとジフルカンは同じものですので、ジフルカンは先発薬で、フォルカンはジフルカンのジェネリックになります。
世の中には女性用の媚薬は数多く存在しますが、医薬品として認められているのはダイフルカンのみで、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可も受けており、副作用の少なさなど安全性も確保されています。
ダイフルカンのジェネリック医薬品が、インドのシプラ社が製造販売しているフォルカンです。
不感症のための媚薬としても扱われており、膣分泌液を増やすことで性交痛の痛みを和らげ、性行為にたいする嫌悪感をなくす効果があります。
フォルカンの有効成分であるフルコナゾールには、カンジタ症や真菌症など女性器の感染症に効果があり、菌の増殖を抑制するだけでなく、殺菌作用もあり、不妊症予防にもなっています。
カンジタ症は、睡眠不足や風邪などストレスによって免疫力が低下することで発症し、ほとんどの女性がなる症状です。
フォルカンが女性用バイアグラとして人気な理由に、感染症を治療する以外に、膣液の分泌を促し潤わせる効果があり、女性器の潤いを保ち、性器の痒みの治療や予防に効果があるからです。
カンジタ症を治療しながら、感度をアップできるのは、唯一フォルカンだけで、性交痛でお悩みの方、特に更年期前後の女性には最適な薬と言えます。
フォルカンは女性器への外用薬ではなく、錠剤を飲むことで効果が得られ、1シートに1錠という形になっていて、錠剤の中央に割れ目があり、1錠を2回に分けて使用できるので、コスト的に安価になります。
フォルカンは、性行為の約1時間前に服用して、服用回数は1日1回までとし、服用間隔は24時間以上あける必要があります。
副作用は規定内の使用であれば、まず起こりませんが、下痢や発熱、発疹などが報告されています。
また、妊娠や妊娠の可能性がある方、授乳中の方はフォルカンの服用はできません。

関連記事